• 捨てられない紙袋はリメイクしよう

    • 何だかんだであっと言う間に溜まってしまうのが紙袋です。


      お店のオリジナルの物や、カラフルなもの、かわいいデザインのものもあって、ちょっと勿体なくて捨てられないと思ったことがある人も多いのではないでしょうか。

      そんな可愛らしい紙袋はリメイクしていろいろな方法で活用することができます。

      例えばサイズに合わせて切り、ブックカバーにすることができます。

      今までに培ったノウハウを活かし、ダンボールの販売について詳しく説明しています。

      結構しっかりとした紙が素材なので、大切な本を守ってくれるでしょう。それから気に入った柄の部分を切り取って穴あけパンチで穴を開け、そこにシールを貼るだけで可愛らしいタグやしおりになります。



      大きいサイズの紙袋なら、そのまま収納ボックスとしても利用できます。

      小さめの紙袋ならプランターカバーとして部屋の片隅に観葉植物と一緒に置いてもおしゃれです。ティッシュボックスの大きさに合わせて切ったり折ったりすれば、オリジナルのティッシュボックスカバーのできあがりです。

      このように紙袋はちょっとしたアイデアで、さまざまな小物に簡単にリメイクすることができます。



      リメイクすることで自分だけの新しい小物として活用できるだけでなく、簡単に捨てないで再利用することで、出すゴミの量を減らせるというメリットもあります。


      普通だったら購入先から自宅までの持ち運びだけのためのアイテムが、リメイクすることで生まれ変わって活用され、それと同時に地球の環境を守る小さな一歩に貢献できるということはとても素敵なことです。

  • 学ぼうダンボールの事

    • 普段の生活に役立つ紙袋の利用法

      デパートやスーパーなどで商品を買った時によく紙袋の包装をしていただけることも多いです。家電量販店、ホームセンターなどでも丈夫な紙袋に商品を梱包して持ち運びがやり易いようにしていただける機会もあります。...

  • ダンボールの最新考察

    • 紙袋に使われる紙の種類

      紙袋の素材となる紙は、質感や機能が異なる様々な種類があります。「未晒クラフト紙」は、茶色のパルプのナチュラルな風合いを活かした質感が特徴で、カジュアルな雰囲気の紙袋に仕上がります。...

  • ダンボールの特徴・ダンボールの身に付けたい知識

    • しゃれた紙袋がほしい場合は

      人にプレゼントをする場合など、どこにも売っていないような、オリジナリティの溢れた紙袋に入れたいと思うことがあります。どこかの専門店や百貨店のものではお店の宣伝のようで、好まない人達も多くいます。...

    • 紙袋はとてもおしゃれなアイテムです

      女性は、デパートやブランドショップで貰った紙袋を大事に保持しています。特にブランドの物は、厚い紙に丈夫な紐が付いていますから二次利用するのに最適です。...