• ダンボール箱で梱包する時におすすめのテープと貼り方

    引っ越しのときや遠方に住む相手にギフトを贈るときなど、日常生活の中でダンボール箱で荷物を梱包する機会はたくさんあります。


    荷物を梱包するときにダンボールにテープを貼って箱型にしますが、いざ梱包した荷物を持ち上げるテープの貼り方が悪くて荷物がそこから落ちてしまったという経験がある方もいるのではないでしょうか。

    段ボールを箱として組み立てたり封をしたりするために、テープが必須ですが、梱包作業に使用するテープにはいくつか種類があるので、どのテープを選んだらよいかわからないと悩む方もいることでしょう。



    テープの中でもよく使用されるクラフトテープは、表面にラミネート加工が施されているので耐水性・耐油性に優れています。

    比較的コスパも良いですが、粘着力が弱いので重たい荷物には向きません。逆に重い荷物を送りたい場合は、クラフトテープよりも耐久力がある布テープがおすすめです。
    布テープは重ね貼りをすることもできるので、梱包した荷物が落ちないように用心を重ねたいときに重ね貼りして補強してあげることができます。
    また、ダンボール箱を作るときの貼り方は通常の場合一本貼りと呼ばれる方法で貼りますが、箱の中心部分にしか貼らないので重い荷物が入ってしまうと底が抜けてしまう可能性があります。



    一本貼りをしたダンボールに十字になるように、縦にテープを加えた十字貼りやカタカナのキの形に貼るキ貼りと呼ばれる補強方法で補強をしてあげることがおすすめです。



    ダンボール箱で荷物を梱包する時には、テープの種類だけでなく貼り方にも注意すると重たい荷物でも安心して送ることができます。