• 紙袋に使われる紙の種類

    紙袋の素材となる紙は、質感や機能が異なる様々な種類があります。「未晒クラフト紙」は、茶色のパルプのナチュラルな風合いを活かした質感が特徴で、カジュアルな雰囲気の紙袋に仕上がります。
    手触りはザラザラとして、クラフト紙のなかでは最も耐久性が高く安価なのが特徴です。


    晒(さらし)とは漂白のことで、クラフト紙を完全に漂白すると、真っ白な「晒クラフト紙」となります。


    「半晒クラフト」は、白になりきらない程度に漂白を施したクラフト紙です。


    クラフト紙よりも滑らかで明るく、文字を書くのも読むのにも向いていることと、安価で丈夫な性質から、封筒によく使われている種類です。


    「片ツヤクラフト紙」は、晒クラフト紙の片面を光沢加工したもので、表面に薄く上品なツヤがあります。


    安価ですが細かい印刷も綺麗にプリントされるため、多くの紙袋に使われています。

    「コート紙」は、上質紙・中質紙の表面にコーティングを施した紙で、ツルツルとして高級感がある光沢が特徴です。
    強度や耐水性にも優れているため、紙袋の中でもランクの高い高級なものとして使われています。

    待望のダンボールの印刷についての知識を高めてもらうためのサイトです。

    細かい印刷が可能でインクの発色も良く、ブランドショップなどで用いられることが多い種類です。



    紙袋の種類は主にハンドルが付いた手提げタイプと、ハンドルなしの角底袋や封筒などがあり、これらの紙の種類に加え、ハンドルやプリントを組み合わせることで、オリジナルのバッグを作ることも可能です。